2013年07月15日

陰陽師の起源と護符

まずは陰陽師の起源について書きます。

陰陽師はもともと遠く奈良時代より前の律令制の下で中務省・陰陽寮に属する官職のひとつでした。つまりもともとはお役人です。

陰陽師は古代中国より伝わった陰陽五行説を基にした陰陽道によって執り行う占いや地相学を職能とする役人だったのです。

陰陽道とは

天文学・暦学といったものの一つで、中国において確立された自然哲学思想や陰陽五行説を基礎とし、日本で独自に発展した自然学と呪術の体系になります。

もともと陰陽師の秘術は一般向きではないとされ、強すぎる力は衆を惑わすとして門外不出とされてきました。

しかし、律令制の崩壊と共にその禁は緩み始め、末端が民間へと広がりを見せ、そのころから占術や呪術、祭祀をつかさどるようになりました。

そして、現在では呪術の面がクローズアップされ、悪霊払いや除霊のイメージが強く、アニメや漫画の世界では妖怪退治屋として出てきます。

このブログで紹介している巫女陰陽師の護符は呪術の部門にその大半が相当します。

巫女陰陽師は

あなたの願いを聞き、あなたの心のうちにある本当の願いが叶う様に念を込め護符を作ります。
そしてその護符の効力は、あなたが強く願うことによって発揮できるようになっています。

もし、あなたが護符を持っていても、本気で何かを願わなかったり、護符を信じていなければ願いは叶いません。

巫女陰陽師の護符はあなたの強い願いに反応し、あなたの本当の願い(本願)を叶えるために力を発揮するように念が込められています。





ただし、巫女陰陽師の護符は本願を叶えることはできますが、欲望は叶えられません。

不倫をしていた場合などは

不倫相手を自分だけのものにしたいという欲望は叶えられず、女としての幸せをつかみたいという本願は叶えられます。

つまり、不倫相手が運命の人である場合は速やかに二人は添い遂げますが、不倫相手が添い遂げる相手ではない場合は彼と別れさせる方向に護符は効果を発揮します。護符は運命の相手との新しい恋へあなたを導く力になります。

もっとわかりやすい例なら
欲望⇒宝くじで1億当てたい。(叶いません)
本願⇒金銭的に恵まれた生活がしたい(叶います)


宝くじで1億円当てるのも、競馬などのギャンブルで大勝すすのも、元をただせば金銭的に恵まれた生活をしたいということの裏返しです。

巫女陰陽師の護符は、この根源的な本願を叶えあなたを幸せへと導くものです。





陰陽師の護符は強い力を持つが故に危険性もあります。

たとえば破滅的な恋をしている女性がいました。

彼女はある日、開運グッズに頼ろうとし、強力なアイテムはないかとネットで検索をしていました。

すると・・・・

『陰陽師の護符ってすんごいよ〜。これ持っていればなんでも願いが叶っちゃうよ〜。』
『俺なんかこんだけいいことがあったんだよ〜〜。』
(たとえばニートが働きに出て月収300万円とかふらふら分かり易ーい嘘が書いてあるとか。)

と、軽薄で薄っぺらい誘いだけのサイトを見て、なんでも願いが叶うってとこだけに惹かれて護符を購入してしまいました。

「これさえ持っていて、強く願えば、絶対にあの人を私のものにできる。」

彼女は欲望を巫女陰陽師の護符が叶えてくれると思い込み日々を送ります。しかし、巫女陰陽師の護符は彼女の本願(女としての幸せ)を叶えるために効力を発揮し始めます。

失恋した場合

陰陽師の護符は彼女の強い願いに呼応し、彼女の本願である『女としての幸せをつかみたい』という願いを実現するために効力を発揮しました。その結果運命の人ではなかった今の恋の相手とは結ばれず、失恋ということになりました。

陰陽師の護符はその先にある運命の相手と『女としての幸せ』をつかむために導こうとしています。ところが、彼女が護符を紹介された薄っぺらいページには、『本願』のことについて書いてありませんでした。

知らない彼女は最後の望みをかけた護符にも裏切られたと思い、絶望してしまい人生をあきらめたしまうかもしれません。最悪の場合は自分の人生を悲観し、自殺という選択をしてしまうかもしれません。

もしあなたが陰陽師の護符を誰かに紹介する場合はこの『欲望』と『本願』の違いをきちんと教えてあげてください。人の人生を左右する恐れがありますので。

恋が叶った場合

彼女の欲望と彼女の運命とが一致し、本願に適う形で今の彼と彼女は添い遂げることが出来ました。

「これも護符のおかげね。」

と護符に感謝し、その後も彼女は護符を持ち続けました。ところがある時期を境に不幸が続くようになりました。

「護符を持っているのにどうして、私の願いが足りないの?」

彼女は強く願いを護符にかけたところ、さらなる不幸が彼女を襲いました。これまで護符を持つことで何もかもうまく行っていたのに、今では逆に何もかもうまく行かなくなった。

その場合原因は、護符の破損、もしくは文字が消えています。

陰陽師の護符はあなたにとって良い五行の気の流れを作っているもので、もし破損したり、文字が消えたりして護符の形が崩れると五行の循環が壊され、悪い気の流れを引き起こすこととなり、それによって悪い運気を呼び込みます。そのため不幸が続くこととなります。

もし、持っている護符が破損したり、文字が消えたりしている場合は持ち歩くのをやめてください。そして出来るだけ早く処分してください。

古くなった護符、破損した護符の処分方法

護符が破損、もしくは文字が消えて効果をなくした場合は、護符や霊符を供養してくれる場所を探して納めてくるか、各地で行われている『お焚きあげ』の炎に入れて、浄化して天に返すようにします。

手元に置くことはタブーなので必ずちゃんと処分してください。





posted by 宮浦壱与 at 15:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい解説ですね。
陰陽師のことはなんとなくしか知らなかったのですが、よく知ることが出来ました。
陰陽道は中国起源の自然哲学で、陰陽師は日本特有の職なんですね。
しかしなぜ中国には陰陽師はいないのでしょう。
Posted by マナー at 2013年09月18日 02:12
簡単な話です。中国はまあ、結構民族的に掘り下げません。木・火・土・金・水の五行説があり、それは表の世界にある人間・草木・動物に対してありました。中国の伝記に人間や仙人の話は合っても、妖怪の話はありませんよね。

日本では表と裏の世界の境界があいまいな土地が多く、古来妖怪と人は共存を余儀なくされ、妖怪の恐怖から貴族を守るために発達したと言ってもいいのが陰陽道です。

我々人間や動物にも五行属性があり、特に妖怪の類の五行属性は濃い繋がりがあり、たとえば木気の物の怪には金気の呪詛をと言うように、相手の属性を剋する呪詛を叩き込むことで祓うことができます。

つまり、表だけを見ていればいい中国には、裏をすべる技は必要ないから陰陽道はないのです。
Posted by 管理人 at 2013年10月22日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: